セラピストに求められるものとは

2019/12/13 コラム
セラピストに求められるものとは

セラピストとは、様々なセラピーを通して心身の癒しをもたらす専門家を指します。アロマを使用するならアロマセラピスト、動物と一緒に行うならアニマルセラピストといった具合です。技術と知識を駆使した癒しのプロと呼ばれているセラピストですが、それ以外にも求められるものとは一体何なのでしょうか。

 

人が好きという気持ち

お客様を相手にして行う仕事ですので、人が好きでお客様を大切にできる気持ちがとても重要です。どんなに技術や知識が豊富であっても、気持ちがこもっていなければ心の癒しにはなりません。一方で、お客様に満足してもらいたいという強い想いは自然と手から相手の心へと伝わっていき、本当の癒しを与えることができるのです。

 

コミュニケーションスキル

お客様と一対一で向き合うため、セラピストには場の雰囲気を読み取る力、相手の感情を察知し話題を選ぶ力、聞き上手で会話を盛り上げられる力など、高いコミュニケーション能力が求められます。情報収集として、日頃からニュースや新聞を見たり、世間のトレンドを押さえたりしておくと、どんなお客様でも対応できる会話力を身につけることができます。

 

自己管理の意識

セラピストの職業に対して華やかなイメージを持たれる方もいらっしゃいますが、実際にはとても体力が必要になる職業です。また、セラピスト自身が疲れていたり不健康な状態では、お客様へ癒しを与えることはできません。自己管理はとても大切な仕事の一貫であるといえるでしょう。