かっさセラピーとは

2024/03/11 ブログ

 

目次

■かっさセラピーの効果とは... 1

■かっさは正しく行うことが大切... 1

■まとめ... 2

 

 

 

 

中国で2500年前より伝えられてきた民間療法といえば「かっさセラピー」ではないでしょうか。東洋医学の一種としても認められており、古来からさまざまな体の不調に幅広く使われているものになります。手軽にできることもありかっさセラピーが気になっている人もいると思います。かっさセラピーにはどんな効果が期待できるのでしょうか。

 

■かっさセラピーの効果とは

 

かっさセラピーのもとになっているのは「かっさ療法」になります。かっさの語源となっている「刮」はもともと削るという意味をもっています。「痧」は滞っている血液の循環を促すことをいいます。かっさと呼ばれる専用のプレートを使用して、皮膚の経路や反射区を刺激して毛細血管に圧を与えます。体のなかにある老廃物などの毒素を体外に排出し、経路の流れを良くする効果が期待されています。体内にたまりがちな毒素を追い出す方法の一つでもあるのです。顔のたるみなどのエイジング効果はもちろん、体の不調にも効果があるとして期待されています。例えば胃腸の不調や、冷え性、便秘や風邪にも効くと言われています。体のさまざまな不調やお悩みを解消することにも繋がります。見た目は小さなプレートですが、実はすごいパワーを持っていて、刺激が少ないなかでも効果を発揮できるように作られているものでもあるのです。

 

■かっさは正しく行うことが大切

 

かっさセラピーは、正しく行うことで確かな結果が期待できるものです。誤ったやり方では肌に赤みが出てしまい肌トラブルの原因になることもあります。そのためかっさを施術として使う場合は、専門的な知識や技術を持っているスタッフが全身のつぼを熟知して、いた気持ちのいい程度にマッサージをしてくれます。かっさセラピーは、肌が敏感な人は少し赤くなってしまうこともありますが、正しいやり方であれば問題ありません。かっさセラピーの気持ちよさに、思わずウトウトしてしまう人もいるぐらい、優れたマッサージ法です。

 

■まとめ

 

かっさセラピーは、プレートを使って肌を擦り血液やリンパの流れを促進しながら、美容や健康にとっても嬉しい効果が期待できます。かっさセラピーで使うプレートも好きなデザインのものを選ぶと、毎日のセルフケアも楽しくなるかもしれません。顔や体の両方で使えますし、凝り固まった体をしっかりとほぐし楽にしてくれるはずですよ。かっさセラピーで、日頃の疲れを癒しつつ楽しんでみてくださいね。