2018年05月11日

ハーブボールの歴史 【通信講座でハーブボールセラピストの資格取得】

タイ古式マッサージの起源は、今から2500年前にさかのぼります。『タイ医学の父』として称えられている、『ジバカ・クマール・バッチャ』というインドから来た医師がマッサージの手法を考えだしました。彼は、ブッダと交流を持っていた人物で、マッサージだけでなくハーブ、ミネラルによる治療の知識も同時に伝えています。

ハーブボールの起源はチベット王国で、僧侶の疲労回復・内疾患治療・兵士の治療・産後の女性の筋肉痛の緩和を目的として利用されていました。その後、チベット王国から中国・インド・タイ王国へと分かれてそれらのハーブ療法が伝承され現代に受け継がれています。タイ王国では、ハーブを食用に多く用いられていますが、外傷治療・内疾患治療・リラックス効果を目的として、芳香等で古くから生活の中に欠かせないものとなっています。その歴史は、アユタヤ王朝より古くスコータイ王朝から現代まで、タイ古式マッサージ等さまざまな療法に用いられて来ました。世界のどの国も、地域の生活風土に根ざしたハーブ(薬草)があると言う事は、言うまでもありませんが、タイ王国は古くから貿易の要所として栄えており、中国・インド・バングラデッシュ・マレーシア・インドネシア・シンガポール・ネパール・ブータン・カンボジア・ベトナム・ミャンマー・ラオス等、アジアの情報が集積され発信される場所でした。又、仏教の発展に伴い、各地から僧侶が訪れ、それぞれの国の伝承薬草が持ち寄られ、高温多雨の熱帯気候のもとにタイ王国独自のハーブとして定着しました。

 

グローバルボディケア総合学院では通信講座でハーブボールセラピストの資格が取得できます。

 

仕事や家事等で時間がない、近くに専門校がない、などの理由で通学コースに通うことが出来ない方に、通信講座で通学コースと同等の技術やスキルを身につけるための「教育プログラム」や実践で活躍することができる「サポートプログラム」など、長年にわたって研究を積み重ねてまいりました。

その結果、20数年の歴史のなかで「10万人以上」の卒業生を輩出してきました。ボディケア・健康・癒し・整体・美容分野のセラピスト養成講座も、国内No.1の講座数となりました。

一人一人の受講生が、卒業後も第一線で活躍できるようにしっかりとサポートしてまいりますので安心して資格取得が目指せます。

 

yjimage_R

 

通信講座でリンパ・整体・リフレクソロジー・ハンドの資格を取得するならグローバルボディケア総合学院。
国内№1の専門講座数『全60講座』 貴方の必要とする資格が必ず見つかる『資格専門館』
資料のご請求はこちらよりお願いいたします。

教材販売会社のセラピスト講座と違いますので、分かりやすい教材で一流のセラピストに養成いたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆
グローバルボディケア総合学院
■ URL:http://www.g-bodycare.net
■ TEL : 0120-641-604 電話受付/月・火・木・土・日 12:00~19:00 祝日除く
■ メールアドレス academy@g-bodycare.net

Facebookはこちら
Twitterはこちら
アメブロはこちら
リラクゼーションサロン・エステ商品専門店【グローバルビューティーマーケット】
【グローバルボディケア総合学院 学費お支払いサイト】
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆

無料資料請求

詳しい資料をとりあえず見てみたい!
という方はまず無料の資料請求を。

お電話でのお問い合わせは

0120-641-604
12:00~19:00
※水・金・祝日・年末年始は除く